「ライフ・ライン」手話&字幕付DVD
   
 
手話通訳:南田政浩牧師
東京ローア・バプテスト教会牧師
日本手話による伝道用DVDや手話訳聖書の制作に携わる。
手話教師センター所属。 
 
【頒布価格】 DVD 1枚 500円 (税込・送料無料)
      代金はDVDと一緒にお送りする振込用紙で振り込んでいただきます。
【ご注文先】 手話&字幕付DVD制作会 FAX: 0465-24-6470メール:shuwadvd@jly.jp
      @ご希望の番組名 A枚数 B氏名 C住所 を書いてご注文ください。
 
【手話&字幕付DVD一覧】 
■横田早紀江さん特集(2番組入り)
 No.1372 「祈り?神様どうしてですか」(講演)、No.1373 「希望?愛はあきらめない」(インタビュー)
■No.1326「心の安息を求めて」関根弘興牧師
  『ライフ・ラインの集いin神戸』での聖書のお話
■No.1381「自然の恵みの中で描く」関口正人さん(群馬県高崎市在住の風景画家)
中学生の頃いじめを受け、教会に通うようになって神様の愛を知って生きる希望を持てるようになった体験談と、自然の中で描く恵みについてのお話。
■No.1351「弱さを抱えて歩む」堀肇さん(牧師、大学講師、カウンセラー)
昨年出版した本『弱さを抱えて歩む〜聖書の世界に生きた人々・新約編』を紹介。弱さに表される神の恵みについてのお話。
■No.1352「小さな門に続く道」みなみななみさん(イラストレーター)
みなみさんの絵や制作の様子を紹介するとともに、クリスチャンになるきっかけや信仰生活の中で学んだことなどの体験談を伺う。
■No.1360「アメイジング・グレイス」森住ゆきさん(ちぎり絵作家)
  作品や制作の様子を紹介するとともに、クリスチャンになった経緯を伺う。
■No.1367「予科練から牧師へ」関根辰雄さん、林田巍さん
太平洋戦争の最中、予科練に入隊し、終戦後、人生の意味を見失っていたときにキリスト教と出会い牧師になった関根さんと林田さんにお話を伺う。
■No.1379「アロハの贈りもの」飯島寛子さん         
プロ・ウィンドサーファーの夫・夏樹さんが癌で余命を宣告をされてから天国に召されるまでのハワイでの闘病生活とその後の家族の歩みを記したエッセイ集『アロハの贈りもの』の内容や信仰についてのお話。
■No.1403「ママとベビーの幸せのために」永原郁子さん    
母親の「産む力」と赤ちゃんの「生まれる力」を最大限に生かした自然出産や子育て支援などの活動を行っている神戸市の「マナ助産院」院長の永原さんに助産院と信仰についてのお話しを伺う。
■No.1242「使命を生きる1」柏木哲夫さん
精神科医、ホスピス緩和ケアのパイオニアとしての多くの臨床経験をもとに、「良き生」
「良き死」とは何か、というテーマでお話を伺う。
■No.1247「使命を生きる2」柏木哲夫さん
No.1242の続きで、援助の三段階、「励ます」「支える」「寄り添う」の違い、「寄り添う」ために必要な力などについてお話を伺う。